Super源さんの雑学事典

えっ? 喪服はもともと「白」だった!? - 黒になったのは明治時代になってから

喪服を着た遺族

葬式のときに着る「喪服(もふく)」。
この服は、なんと、もともと白でした!

喪服はもともと「白」だった


喪服はもともと「白」だった

現在の日本では、「喪服(もふく)は黒」というのが常識です。
しかしながら、かつて葬儀(そうぎ)に着る服装は、「白」が一般的だったといいます。

平安時代には、支配者層(しはいしゃそう)の間で「黒」が広まった時期もありましたが、江戸時代には庶民(しょみん)も含め、喪服は「白」が基本でした。

ところが、明治時代になると、近代化(きんだいか)を進める政府は、西洋の風習に倣(なら)って喪服の色を「黒」と通達(つうたつ)。
以後、日本古来の白い喪服は減り、代わって黒い喪服が一般的になっていったのです。

おわりに


「ママ、何考えてるニャン?」「うん。喪服の色が白から黒に変わって、ご先祖様が当惑(とうわく)してるんじゃニャイかしらと思って」
喪服を着た猫親子の会話

今日は、葬式のときに着る喪服はもともと「白」だった、という話を書いてみましたが、いかがでしたか?
黒になったのは、日本の歴史の長さを考えれば、つい最近のことだったのですね。おお!(゚o゚)
亡くなった方々、そして幽霊の方々(?)も、喪服の色が白から黒に変わったことに今もなじめず、目を白黒させているのではないでしょうか。

幽霊の方々といえば、物語などに登場する幽霊は、両手をダラリと垂らしていますね。
これは何故なのでしょうか?
答えは、以下の記事をお読みください。

幽霊は何故両手をダラリと垂らしている? - 座棺で死者の手が垂れ下がったことから

幽霊は何故両手をダラリと垂らしている? - 座棺で死者の手が垂れ下がったことから

物語などで幽霊が登場するとき、通常「うらめしやー」という言葉とともに、両手をダラリと垂らした姿で現われます。幽霊が、このように両手をダラリと垂らしているのは何故なのでしょうか?今日は、この話について書いてみたいと思います。棺桶には、座棺と寝棺の2種類ありその前に皆さん、死者を入れる棺おけには2種類あるのをご存知でしょうか?座棺(ざかん)と寝棺(ねかん)です。座棺は、死者を座った状態で入れる棺おけで、...

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する