Super源さんの雑学事典

えっ? セロハンテープをはがすとX線が発生する? - 2008年にカリフォルニア大学が立証

セロハンテープ

セロハンテープをはがす際、なんと、X線が発生していました!

セロハンテープをはがすとX線が発生する!


真空中で、セロハンテープを秒速3センチの速度ではがすと、レントゲン撮影に十分なX線が生成(せいせい)されることが分かりました。
具体的には、普段セロテープを使うときのように、くるくる回しながらはがすだけで、X線が放射(ほうしゃ)されます。

実験の様子を撮影した、発光とともにX線が放射され、ガイガーカウンターが反応している映像発光とともにX線が放射され、ガイガーカウンターが反応している映像
出典:https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/31/l_ms3165_18tape02.jpg

この摩訶不思議(まかふしぎ)な現象は、1950年代に旧ソ連の科学者たちが突き止めていた理論をヒントに、2008年(平成20年)にアメリカのカリフォルニア大学が行なった実験で立証されました。

X線が発生するのは真空中のみ


X線は放射線の一種で、病院のレントゲン室などでは扉に鉛(なまり)を使うなど、防護策(ぼうごさく)がとられています。
そのように考えると、セロテープをはがすのが、何だか怖くなりそうです。
しかし、心配は無用のようです。
というのは、「X線が発生するのは、真空中のみ」だからです。
一般の人が、普通の環境でセロハンテープをはがしても、X線被爆(ひばく)を起こすことはないということです。

ちなみに、真空中ではなく、普通の環境でテープをはがすとどうなるのでしょうか?
この場合、テープが発光することが知られており、バラエティ番組などで実験が行われたこともあるようです。


おわりに


「ニャンと! ボクの骨格って、こうなってるんニャ」!
X線写真を見て驚く猫
出典:https://cdn.mofmo.jp/v3/640/imeditor_storage/1/article/563548945.jpg

今日は、セロハンテープをはがすとX線が発生するという話を書いてみましたが、いかがでしたか?

以前、首を切り落とされてから18日間も生き続けたニワトリがいたという話を書きましたが、しかしホント、世の中には不思議なことがあるものですね。(・o・)

【驚愕!】 なんと、首を切り落とされてから18日間も生き続けたニワトリがいた!

【驚愕!】 なんと、首を切り落とされてから18日間も生き続けたニワトリがいた!

アメリカのミシガン州に、なんと、首を切り落とされてから18日間も生き続けたニワトリがいました!首を切り落とされてから18日間も生き続けたニワトリ1904年(明治37年)、アメリカのミシガン州サウルト・サンマリイ市のベルヴィデア・ホテルでの出来事。晩餐の材料にするニワトリに、世にも不思議なことが起こりました。このホテルの主人が、いつものように、斧(おの)で生きたニワトリの首を切り落としたのですが、そのニワトリが...

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : バラエティー

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する