Super源さんの雑学事典

なんと! 商品券を使って2億円を横領した男がいた! - 金券地獄の罠にハマった男

金券 商品券

お金に困ると、いろいろな捻出(ねんしゅつ)方法を考えるものです。
その男が考えたのは、商品券を使った方法でした。

なんと! 商品券で2億円を横領した男がいた!


その男は、某FM局の幹部職員でした。
商品相場で儲(もう)けた味が忘れられず、その後も続けていましたが、赤字が続いたため、金策(きんさく)を考えました。

その方法というのが、都内5つの一流デパートへ行き、「会社用に」と偽(いつわ)って商品券を購入すること。
デパートの決済は1ヶ月ごとなので、その場で現金は必要ありません。
これを利用するのです。

商品券が手に入ったら、それを金券業者に持ち込んで換金します。
信用のある会社の社員であれば、このようにお金はすぐに作れます。

この男、決算までに相場で一儲けするつもりだったのでしょう。
しかし、世の中はそんなに甘くなかったようで、この方法は失敗。
再び、商品券を購入・換金して穴埋めをする羽目になります。

そして、これをくり返しているうちに、購入した商品券は、なんと、1億9000万円にも膨(ふく)れ上がってしまいました!

「うわっ! どうすりゃいいんだ!」

頭を抱える男

男は頭を抱えると、何かいい解決策はないかと模索(もさく)しました。
しかし、この期に及んで、そんな方法が簡単に見つかるはずもありません。

結局男は、会社にすべてを打ち明け、懲戒免職(ちょうかいめんしょく)に。
男が購入した商品券の代金は、会社が特別損金(とくべつそんきん)扱いで処理したといいます。

おわりに


「商品券で2億円横領した? そんなバカことをしたらダメニャン!」
話す猫 横領に苦言

今日は、商品券で2億円を横領した男の話を書いてみましたが、いかがでしたか?

世の中には、タクシー券、ガソリン券など、同じような誘惑はそこら中に転がっています。
しかも、簡単に手が出せるだけに、これからも「金券地獄」というアリ地獄に陥(おちいる)る人は増え続けるのかも知れません。
珍事件簿
関連記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する