Super源さんの雑学事典

ルソーは、女性に「お尻を叩いて!」といって警察にしょっぴかれたことがある?

お尻を叩く

フランスの哲学者ルソーは、かつて女性に「お尻を叩いて!」といって警察にしょっぴかれたことがあります。
今日は、この話を書いてみたいと思います。

ルソーってどんな人?


ルソー
ルソー

ジャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau、1712年 - 1778年)は、フランス語圏ジュネーヴ共和国に生まれ、主にフランスで活躍した哲学者、政治哲学者、作曲家です。
『学問芸術論』『人間不平等起源論』『社会契約論』などを著(あらわ)し、フランス革命、そして後の民主主義、個人主義、近代教育思想に多大な影響を与えた啓蒙思想家(けいもうしそうか)として有名です。


8歳のときに「マゾ」の世界に目覚めたルソー


さて、そのルソーですが、8歳のときに宿の30歳の女性から体罰を受けたことがきっかけで、「マゾ」の世界に目覚めたといいます。

彼は、道行く女性に、一糸纏(いっしまとわ)わぬ姿でお尻を突き出し、

「お尻を叩いて!」

というなどの奇行(きこう)に及び、その反応を楽しんでいました。
その最中に、警察に連行されたこともあります。

また、マゾに開花して以降は、自分の身体を鞭(むち)で叩いたり縛ったりしていたということです。

ルソー自身、8歳のときの経験で人生が少し狂ってしまったと告白しており、その後、多くの女性を渡り歩き、その精神的気質から多くの敵をつくることになりました。

おわりに


「ねえ、『奇行』って何?」「分からないから、ボクも今聞こう・・・と思ってたニャン」
猫の会話 「奇行」って何?

今日は、フランスの哲学者ルソーは、女性に「お尻を叩いて!」といって警察にしょっぴかれたことがあるという話でしたが、いかがでしたか?

何というか、このルソーもそうですが、ロリコン趣味のあったルイス・キャロル、妻と愛人と同じ家で暮らし、それ以外との私生児を3人も作ったシュレーディンガー、妻子持ちの弟子との不倫(ふりん)がバレてノーベル賞を剥奪(はくだつ)されそうになったキュリー夫人など、世界中の偉人や科学者、哲学者、政治家などには、変態、じゃなかった”変わった志向”をもつ人たちが多いようですね。

そしてそれを、

「英雄色を好む」


などという言葉をヒネり出してごまかしている気がします。
珍事件簿
関連記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する