Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

日本で50ヘルツと60ヘルツがあるのは何故?-東日本と西日本で2つの違う周波数に分かれた理由

送電線

私たちが普段当たり前のように使っている交流100ボルト。
この交流には周波数があり、東日本が50ヘルツ、西日本が60ヘルツとなっています。
同じ日本なのに、東と西でこのように違う周波数になっているのは何故なのでしょうか?

東日本と西日本で電気の周波数が異なるのは何故?


東日本と西日本では、電気の周波数が異なります。
静岡県の富士川と新潟県(にいがたけん)の糸魚川(いといがわ)あたりを境として、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツとなっています。

50ヘルトと60ヘルツ
写真はこちらからお借りしました。


その理由は、日本人が電気を使用しはじめた明治期にあります。
電気は発電機を使って作っていますが、当時、その機械は外国から輸入されていました。
関東の電力会社はドイツ製の機械を、関西の電力会社はアメリカ製の機械を輸入しました。
これらが、それぞれ50ヘルツと60ヘルツでした。
そしてこれが、現在も残る周波数の違いを生んだのです。

2つの周波数に分かれたことによる問題点は?


「暗いニャー」パチッ!
蛍光灯をつける猫
写真はこちらからお借りしました。

同じ国で、異なる2つの周波数が使われている-これは由々しき(ゆゆしき)問題のように思われるかも知れません。
しかし、少なくとも私たち一般人にとっては心配無用です。
何故なら、最近の電気製品は、これらどちらの周波数にも対応しているからです。
特別な操作をすることなく、電源を入れたときに、機械がどちらの周波数かを自動的に判断して動作します。

ただし、産業用の設備は別です。
これらは、いまだ対応しておらず、どちらかでしか使えないものも多いです。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する