Super源さんの雑学事典

国会議事堂中央広間にある、主なき銅像の台座の謎とは?

3人の銅像
写真はこちらからお借りしました。

国会議事堂(こっかいぎじどう)中央広間の四隅には、議会政治の基礎を作った功労者(こうろうしゃ)たちの銅像があります。
自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)指導者の板垣退助(いたがきたいすけ)、日本最初の政党内閣(せいとうないかく)の内閣総理大臣大隈重信(おおくましげのぶ)、日本最初の内閣総理大臣伊藤博文(いとうひろぶみ)の3人です。

これらは、1938年(明治13年)に、大日本帝国憲法(だいにっぽんていこくけんぽう)発布50年を記念して設置されたものです。
しかしながら、4つ目の台座には銅像が置かれていません。
これは、何故なのでしょうか?

4つ目の台座が空席になっている理由は、よく分かっていない


4人目の台座
写真はこちらからお借りしました。

実は、4つ目の台座に銅像が置かれていない理由については、よく分かっていません。
4人目を人選(じんせん)できず将来に持ち越されたとも、「政治に完成はない、未完の象徴(しょうちょう)」という意味が込められているともいわれます。

また、将来この台座に収められるのにふさわしい人物が出たときのために開けてあるともいわれます。

「よし、それじゃボクが政治を猛勉強して、その台座に立つニャン」
台に乗った猫
写真はこちらからお借りしました。

いずれにしても、真実はいまだ謎のままです。


おわりに


今日は、国会議事堂中央広間にある主なき銅像の台座の謎とは、というタイトルで記事を書いてみましたが、いかがでしたか?

インターネット上では、4人目の台座には誰がふさわしいかという議論も行なわれているようで、ふさわしい人物として吉田茂、米内光政(よない みつまさ)、松方正義(まつかた まさよし)、西園寺公望(さいおんじ きんもち)、原敬(はら たかし)などの名前が挙がっているようです。

あなたは、この4人目の銅像には誰がふさわしいと思いますか?
   このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する