Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

将棋の駒「王将」は豊臣秀吉が作ったものだった?

王将 将棋の駒

将棋(しょうぎ)は、2人で行なうボードゲームです。
チェスと同様に、そのルーツは古代インドのチャトランガというゲームであると考えられています。

将棋の日本への伝来時期は、いくつか説がありますが、早いもので6世紀頃に中国を経(へ)て伝わったと考えられています。

さて、この将棋の駒(こま)ですが、自分の駒と相手の駒を見比べると、ひとつだけ違うものがあります。
「玉将(ぎょくしょう)」と「王将(おうしょう)」です。

玉将と 王将
写真はこちらからお借りしました。

一般的には、上手(うわて、=対局者のうち段位・力量の優れたほう)の人が王と書かれた方を使用するという決まりがありますが、このうち「王将」という駒を作ったのは豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)だという説があります。

もともと中国の将棋の駒には、「金」「銀」といったように、すべて宝物の名前がつけられていたことから、最も貴重な宝石を意味する「玉」が2つありました。
しかし豊臣秀吉は、

「玉よりも王がいい」

と、片方を強引に「王」にしたのだといいます。

その後、「玉」と「王」があった方が戦いの様子が分かりやすいということで、両方使われるようになったとされます。

将棋を指す犬 セリフ 「おい、そこ指すんじゃない!」
「おい、そこ指すんじゃない!」
(No, don't move there!)

また、将棋のルールのひとつに、チェスにはない、「相手から取った駒を自分の駒として盤上(ばんじょう)に打って再利用できるルール」、すなわち「持ち駒制度」という、特筆(とくひつ)すべきものがあります。
これは、初期のルールにはなかったもので、このルールがいつごろできたものなのか、そして、どのような理由でできたものなのか、良く分かっていません。

その理由としては、駒の減少は互いに駒が足りなくなって相手の玉を詰められなくなるなど、ゲーム性の低下を伴うことから、これを補うために考案されたのだという説が一般的です。

その他、将棋の駒である、金・銀・桂(馬)・香は、いずれも資産(しさん)または貿易品(ぼうえきひん)を表わしていることから、将棋には資産を取り合う貿易や商売をテーマにしたゲームという側面があり、相手から奪った資産は消滅(しょうめつ)するのではなく自分のものになるのが自然なので、このようなルールが生まれたのだとする説もあります。

将棋の「王将」と「玉将」を区別した人物とは? | 雑学unun
https://zatugakuunun.com/yt/gyoukai/4764/
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する