Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

切手よりも大きいのに「小切手」と呼ぶのは何故?

小切手

「小切手」とは、一定の金額を支払うことを銀行に委託(いたく)する有価証券(ゆうかしょうけん)のことです。
この有価証券は、郵便切手よりもサイズが大きいにもかかわらず、「小切手」と呼ばれます。

考えてみれば不思議ですが、これは何故なのでしょうか?

そもそも、小切手の「切手」は、江戸時代に使用されていた「米切手(こめきって)」に由来します。
米切手というのは、蔵屋敷(くらやしき)の蔵米(くらまい)が入札(にゅうさつ)で売却された際、落札者(らくさつしゃ)に発行した保管証書(ほかんしょうしょ)のことです。
この証書は、現在の小切手のような役割を果たすこともありました。

そして、明治時代になって、外国からチェック(いわゆる小切手)が伝わった際、この米切手よりもサイズが小さかったことから、「小切手」と訳されたというわけなのです。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する