Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「弱冠18歳の女性王者」「弱冠35歳の社長」は間違った言い方だった?

若き社長

近年、「弱冠(じゃっかん)18歳の女性王者」「弱冠35歳の社長」などといった言い方を良く耳にします。
しかしながら、この表現は正しくありません。
このような言い方をするのは、「弱冠」の意味を取り違えているためです。

古代中国の書物『礼記(らいき)』によれば、中国では20歳を「弱」と呼び、この年齢になった男子は冠(かんむり)をかぶる、いわば日本の元服(げんぷく)のような習慣があったことから、20歳の男子を「弱冠」というようになったとされます。

つまり、「弱冠」といったら「20歳」の男性なのです。
女性には使いません。

若干ギターが弾けるネコ
若干 ギターが弾ける 猫
写真はこちらからお借りしました。

最近では、この本来の意味に加えて、「20歳前後の若い男性」を指すこともありますが、女性や30歳の大人に弱冠という言葉をつけるのは適切ではありません。

その意味で、「弱冠18歳の女性王者」というのは、二重に誤りを犯しているといえます。

おそらく、弱冠の意味を「若輩(じゃくはい)」と混同したり、「この若さで」あるいは「こんなに若いのに」といった、敬服(けいふく)や賞賛(しょうさん)の意味を込めて使ったりしているものと思われますが、本来の意味を知れば、ちょっと恥ずかしい誤りであることが分かるでしょう。

このような誤用には、要注意です。
言葉を使う場合には、面倒でも原典をあたり、本来の意味を確認する習慣をつけたいものですね。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する