Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

えっ? 日本酒「正宗」の名前はシャレから生まれた?-「正宗」命名秘話

日本酒

現在、日本では1万銘柄(めいがら)を超える日本酒が発売されているといいます。
その中でも有名なのが、「正宗(まさむね)」という銘柄です。
日本各地の酒造メーカーから、この銘柄を使ったお酒が販売されています。
この銘柄は、一体どのような経緯(けいい)で生まれたものなのでしょうか?

話は1840年(天保11年)に遡(さかのぼ)ります。
灘(なだ)の酒造業者(しゅぞうぎょうしゃ)が、新しいお酒の銘柄を考えていました。
それまで、この酒造業者は俳優の名前に由来する「薪水(しんすい)」という銘柄を使っていたのですが、この名前では女性的で、酒好きなお客の嗜好(しこう)に今一合っていないということもあり、時代にあった新しい名前に変えたいと思ったのです。

そんなある日、菩提寺(ぼだいじ)である山城国深草(やましろのくに ふかくさ)にある元政庵瑞光寺(げんせいあん ずいこうじ)を訪ねると、机の上に経典が置かれていました。
その経典は「臨済正宗(りんざいせいしゅう)」というものでしたが、酒造業者はこの中の「正宗」の文字を見て、

「これだ!」

と、閃(ひらめ)いたのです。

「正宗(セイシュウ)」と「清酒(セイシュ)」、2つの発音が似ているではありませんか!
また、経文から取った名前ならば、縁起もいいです。

そこで、新しい銘柄を「正宗(セイシュウ)」とすることにしました。
つまり、「正宗」という名前は、シャレから誕生したのです。

このお酒は評判となり、マサムネという呼び名で親しまれたため、「マサムネ」の名で定着し、以後「正宗」の銘柄で流通することになります。

しかし、明治時代になると、「正宗」という名がつけられた銘柄があまりにも多くなったため、政府はこの名前を「商標」ではなく「普通名詞」とみなしたそうです。

現在、菊正宗、浪花正宗、山形正宗、沖正宗、 国光正宗など、銘柄に「正宗」を冠(かん)したお酒は、全国で約180種類にのぼります。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する