Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

相手を罵るときに使う「キサマ」「オマエ」は、もともと尊敬語だった?

「お前さん帰っておくれニャン」「ごめん、あたしが悪かったニャン」
猫の会話
写真は、こちらからお借りしました。

「キサマ」や「オマエ」は、それぞれ漢字で書くと「貴様」「御前」となります。
これらは一見敬語のように見えますが、相手を罵(ののし)るときに使うのは何故なのでしょうか?

結論を先に書けば、実は、この2つはもともと目上の人に対する尊敬語だったのです。

まず、「貴様」ですが、この言葉は室町時代までは相手に尊敬の意を伝える言葉でした。
しかしながら、江戸時代には「対等」を表わす言葉へ、さらには「罵り」に使う言葉へと変化していきました。

次に「御前」ですが、こちらはもともと「大前(おおまえ)」といって、敬意を表わす言葉でした。
しかし、この「オオマエ」が「オマエ」へと変化するうちに、敬意の意味合いが薄れたものと考えられています。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する