Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

アルコールの濃度が一番高い酒とは?

「うーん。この酒のアルコール度数はどのくらいかニャー?」
ネコと酒
写真は、こちらからお借りしました。

アルコール濃度は、酒の種類によってさまざまです。
たとえば、ビールは5%程度、日本酒やワインは15%~18%、焼酎(しょうちゅう)は20~30%、ウォッカなど40%程度の強いものもあります。

しかしながら、世界には、さらにこれらの上をいく強い酒も存在します。
日本で入手できるものでは、プエルトリコのカリビアン・ラム「ロンリコ151」が70%で、現時点ではポーランドの「スピリタス」の96%が世界ナンバーワンとなっています。

スピリタス
スピリタス
写真は、こちらからお借りしました。

そして、史上最高のアルコール度を誇ったのは、かつてロシアで作られていた「エストニア」という酒で、なんと、これは98%でした。

しかし、世の中には、信じられないほどアルコール度数の高い酒が存在するのですね。ビックリ!(゚o゚)

ここまでアルコール度が高くなると、酒というよりも、ほとんど純粋なアルコールなので、タバコの火程度でも引火する危険性があります。
そのため、日本国内では第4類危険物に該当し、ガソリンと同等の厳重な管理が必要となります。

「それを聞いて、ボクもビックリこいたニャン!」
驚きを 隠せない 猫
写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、アルコール度1%未満の酒は、酒類ではなく「清涼飲料水」に分類されます。
子供でも飲める「甘酒」は、これにあたります。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する