Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

漢字の「鳥」と「烏」の微妙な違いには、実は深い理由があった?

シジュウカラ
シジュウカラ

漢字の「鳥」と「(からす)」。
上の部分に横線が一本あるかないかの、微妙な違いです。
この2つの漢字に、このような微妙な違いが生まれたのは、何故なのでしょうか?

漢字の「とりへん」は、もともと尾が長い鳥を横から見た形を表わす象形文字です。
この「鳥」の上の部分の横線が取り除かれてできたのが「烏」という漢字なのですが、これには理由があります。

まず、以下のイラストをご覧下さい。

鳥 象形文字 解字
出典:http://ikaebitakosuika.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-363d.html

これは、「鳥」の象形文字ですが、件(くだん)の横線は、鳥の「目」を表わす部分だということが分かります。

カラスは、全身真っ黒です。
そのため、目を閉じると、どこに目があるのか分からなくなります。

そこで、この横線部分をとって、カラス専用の漢字を作りました。
それが、「烏」なのです。

ちなみに、カラスにはもうひとつ、「鴉」という漢字があります。
こちらは、「鳥」と「牙」を合わせてつくられた形声字です。
この「牙」は、『ああ!』と鳴く声を表わす音符です。

つまり、「『ああ!』と鳴く鳥」で、カラスを表わしているのです。

参考にしたサイト
いろいろな漢字の「解字」「凄い名字」「難読文字」(4-鳥の部-)
http://nozomi.a.la9.jp/kaijitbl005.htm
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する