Super源さんの雑学事典

え? 相撲の行司が腰に差している短刀は、自害するためのものだった?

相撲 行司

相撲といえば、行司(ぎょうじ)の存在が欠かせません。
行司というのは、野球やサッカーでいうところの審判(しんぱん)に当たるものです。
この行司をよく見ると、腰に短刀を差してします。
これは、何故なのでしょうか?

行司が腰に短刀を差している意味は?


行司には、力士同様に番付があり、8段階に格づけされています。
最高位に当たる立行司(たてぎょうじ)は、「木村庄之助(きむら しょうのすけ)」、次位は「式守伊之助(しきもり いのすけ)」と名乗ることが決められており、その日の取組の結び(最後)の一番を裁(さば)くことができます。

さて、この立行司は、腰に本物の短刀を差しています。
これは、軍配(ぐんぱい)を刺し違えた(誤審した)ときに、責任をとって切腹(せっぷく)する覚悟をもって土俵に上がっていることを示しています。

また、実際に刺し違えたときには、取組後、理事長に進退伺(しんたいうかがい)を出すそうです。

おわりに


今日は、相撲の行司が腰に差している短刀の意味をリサーチしてみましたが、いかがでしたか?
宮司はこの短刀を、単に伊達(だて)や酔狂(すいきょう)で差しているわけではないんですね。 おおっ!
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する