Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

温泉まんじゅうの「茶色」は、温泉の色だった?

温泉まんじゅう イラスト

温泉地に行くと、定番のお土産(みやげ)は温泉まんじゅうです。
が、不思議なことに、この温泉まんじゅうは日本全国どこで買っても、その多くは茶色い皮に包まれています。

これは、何故なのでしょうか?

温まんじゅうの発祥地(はっしょうち)である群馬県伊香保(いかほ)温泉には、色の異なる2種類の源泉が湧いています。
ひとつは、鉄分の多い茶褐色(ちゃかっしょく)の「黄金(こがね)の湯」で、もうひとつは、平成に入ってから発見された、保湿効果のあるメタ珪酸(けいさん)を含む無色透明の「白銀(しらがね)の湯」です。

1910年(明治43年)に創業した老舗(しにせ)の菓子店「勝月堂(しょうげつどう)」が、黄金の湯と同じ色のまんじゅうを作ったところ、昭和初期に天皇家の献上品(けんじょうひん)に選ばれました。

これがきっかけとなって、茶色のまんじゅうは全国に知れ渡り、多くの温泉でも、同色のまんじゅうが製造されるようになったのだといいます。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する