Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

タイヤのメーカーが、『ミシュランガイド』で飲食店をランクづけするようになったのは何故?

ミシュランガイド
ミシュランガイド
写真は、こちらからお借りしました。

飲食店の味やサービス、設備などを星の数で総合的にランクづけをする本・『ミシュランガイド(the Michelin Guide)』。
面白いことに、この本を発行しているのは、フランスのタイヤメーカーである「ミシュラン社」です。

そのそも、タイヤーのメーカーが、「食のお墨付き」を与えているのは何故なのでしょうか?

『ミシュランガイド』が、フランスで発行されたのは1900年のことです。
当時は、富裕層を中心に、娯楽としてのドライブが定着しはじめた頃でしたが、この頃の道路事情は粗末なもので、自動車の方も頻繁に故障していました。

このような状況下で、安心してドライブを楽しむためには、ガソリンスタンドはもとより、自動車修理工場の場所の把握(はあく)が必要不可欠でした。

そこで、タイヤの需要を見込みたいミシュランが考えたのが、自動車修理工場やガソリンスタンドを掲載した地図です。
ミシュランは、さらにそこにホテルやレストランなどの紹介を載せて、この地図の無料配布をはじめました。
これが、『ミシュランガイド』の起源です。

つまり、『ミシュランガイド』は、もともとは道路地図としての役割を担っていた本だったのです。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する