Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「ボーナス」の起源となった、江戸時代の習慣とは何?

ボーナスと 大企業

「ボーナス」という言葉の語源は、ラテン語で「良い」を意味する「bonus(ボヌス)」に由来するといわれています。

日本におけるボーナスは、江戸時代に商人に支給されていた「お仕着せ」の習慣を起源とするというのが通説となっています。

「お仕着せ」というのは、盆暮れ、あるいは薮(やぶ)入りの直前に、従業員に新しい着物を与え、小遣いなどを支給するしきたりです。

明治に入ると、三菱商会(現:三菱商事)が1876年(明治9年)に、社員の頑張りに対する報酬として、上級社員に5円、下級社員に1円を支給。現在のボーナスにあたる賞与制度を実施しました。
これが、大企業を中心に浸透していったのです。

ボーナスは、当時は企業の景気が良いときに出す「賃金の補足」という意味合いの強いものでしたが、戦後になると、インフレが進行したため、生活困難を補填(ほてん)する「一時金」という意味での支払いに変わっていったといいます。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する