Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ソフトボールが、野球よりも大きなボールになった理由とは?

ソフトボール

ソフトボールは、野球とよく似た球技です。
しかしながら、使用するボールの大きさや用具、技術などにさまざまな違いがあります。

まず、ソフトボールの方は、野球に比べてバットが細く、ピッチャーの投球は下手投げです。
そして、何といっても一番の違いは、ボールが野球に比べてだいぶ大きくなっている点です。

一体全体、ボールの大きさにこれだけの違いがあるのは何故なのでしょうか?

これに関して、ある逸話(いつわ)が伝わっています。

1887年(明治20年)のこと、アメリカのハーバード大学とエール大学の間でフットボールの試合が行なわれました。
これら名門大学同士の対決は、17対8でエール大学が勝利。
喜んだエール大学のOBが、そのときたまたま近くに置いてあったボクシングのグローブを、ハーバード大学のOBに投げつけたところ、ほうきで打ち返されました。

これを見てひらめいたのが、ハーバード大学OBのジョージ・ハンコック。
彼は、ボクシングのグローブをボール代わりに使う競技を考案。
そしてこれが、ソフトボールの起源となりました。

つまり、このときのグローブが、ソフトボールで使用する「大きなボール」になったのです。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する