Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

十二支に「猫」が入っていないのは何故?-ネズミにだまされた猫

猫の十二支
猫の 十二支
写真は、こちらからお借りしました。

十二支(じゅうにし)は、古代中国で生まれました。
この十二支は、日本を始めとして、韓国、モンゴル、タイ、ベトナムなどの国々にも伝わっています。

しかしながら、面白いことに、十二支で使われている動物は、国によって少しずつ違っています。

たとえば、中国ではイノシシは豚、タイやベトナムではウサギの代わりに、なんと、が選ばれているのです。

日本の十二支の動物は、神様の呼びかけによる競争がきっかけで選ばれたという伝説があります。

この伝説によれば、この競争を開催する日について、猫がネズミに、1月1日のところを2日とウソを教えたため、猫はこれに参加できず、十二支に入れてもらえなかった。
そのため、それ以後、猫はネズミを恨(うら)み、追いかけ回しているのだといいます。

また、昔から仲が悪いことを「犬猿の仲」といいますが、日本の十二支において、猿と犬の間に「鳥」が入っているのは、猿と犬の喧嘩の仲裁をしたことが理由だということです。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する