Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

えっ? 佐々木小次郎にとどめを刺したのは、宮本武蔵の弟子たちだった?

巌流島の 決闘

二刀流を編み出したことで知られる剣豪・宮本武蔵。
そして、秘剣燕返し(つばめがえし)の使い手・佐々木小次郎。
この2人が対決した「巌流島の決闘(がんりゅうじまのけっとう)」といえば、劇や小説、マンガなどにもたびたび描かれてきました。

1612年(慶長(けいちょう)17年)4月13日。
約束の時間に遅れてきた宮本武蔵は、自分の刀の鞘(さや)を海に投げた佐々木小次郎に、

「小次郎敗れたり!」

といい放ち、抜いた刀を戻すところがないのは、勝つ意志がないのと同じと皮肉ります。
そして、櫂(かい)を削って作った武蔵の木刀の一撃が、小次郎の脳天を砕(くだ)いて死に至らしめ、武蔵は巌流島をあとにします――。

こうした巌流島の決闘のイメージは、吉川英治(よしかわ えいじ、1892年(明治25年) - 1962年(昭和37年))の書いた小説・「宮本武蔵」に由来するものですが、この小説のそもそもの原資料となったのは、「二天記(にてんき)」という伝記です。
しかしながらこの伝記は、実は、宮本武蔵が亡くなってから、100年以上も後に書かれたものでした。

ところが近年、巌流島の決闘を許可した細川家家老・沼田延元の業績を記した「沼田家記」が見つかりました。
これによれば、巌流島の決闘の仔細(しさい)は、以下のようだったといいます。

武蔵にやられた小次郎は、脳震盪(のうしんとう)を起こして気を失いますが、しばらくして息を吹き返します。
すると、師匠の果たし合いの現場を見にやって来た武蔵の弟子たちが、これは大変と、小次郎にとどめを刺したのです!

武蔵と小次郎の決闘の様子、今までの常識とは違う新しい史実です。
細川家は記録を大事にする家で、武蔵に関する記録は、現在細川家に伝わるものが唯一の公文書となっています。
これが本当となると、話は大分変わって来ますね。

参考にしたサイト
巌流島の決闘 | 備後歴史雑学
http://rekisizatugaku.web.fc2.com/page170.html
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する