Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「帝王切開」は、誤訳から生まれた?

帝王切開 分娩 赤ちゃん

古代ローマの将軍シーザーには、母親のお腹を切開して生まれたという伝説があります。
このことから、こうした手術のことをラテン語で「帝王切開」を意味する「sectio caesarea(セクティオ・カエサレア)」と名づけられたとされます。
が、これは正しくありません。

紀元前の医療技術を考えたとき、これはとうていありえない手術です。
そして、シーザーの母親も長生きしたと伝えられています。

そもそも、「caesarea」というのは、ラテン語で「切る」という意味です。
そして、この言葉がドイツ語に訳されたとき、シーザーのことを表わす「Kaiser(皇帝)」と誤訳され、今に至るまで使われ続けているのです。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する