Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

白くないのに「シロサイ」という名前になったのは何故?

サイの種類には、シロサイとクロサイがあります。
が、実はどちらも体の色が灰色です。

「ボクがシロサイです!」
シロサイ

「ボクがクロサイです!」
クロサイ

この2つの種の違いは唇の形で、シロサイが角ばった唇であるのに対して、クロサイのほうは上向きの尖(とが)った唇をしています。

それでは何故、いずれも体の色にちなんだ名前になってしまったのでしょうか?

まず、シロサイの方ですが、これは「聞き違い」が原因でした。

シロサイは、現地の言葉で「Widje Rhinoceros(ウェイト・ライナセロス)」です。
「Widje」とはもともとオランダ語で「広い」という意味で、「口の大きなサイ」という名前でした。
が、これが英語に訳された際に「White(ホワイト)」と誤訳され、さらに日本語になったときに「シロ(白)」と直訳されてしまったのです。

それでは、クロサイの方はどうなのでしょうか?

こちらはもっと単純な理由によるものでした。
サバンナにいる2種類のサイのうち、一方が「シロサイ」なのだから、もう一方を「クロサイ」と名づけた…というのが、「クロサイ」の名前の由来なのだそうです。

しかし、白くもないのに「シロサイ」なんて名前をつけられてしまったサイ君。
こんなのあり、という理由で「クロサイ」と名づけられてしまったサイ君。
サイだけに、どちらも、ホント、サイ難(災難)でしたね。【><】
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する