Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

動物の赤ちゃんは、最初に見たものを「親」と思い込む?-「すりこみ」の不思議

眠る 子猫

たとえば、あなたが生まれたばかりの子猫をもらってきたとします。
そしてその子猫に愛情をそそぎ、まるで我が子のように可愛がったとします。
この場合、その子猫は、あなたのことを”生みの親”だと思っているかも知れません。

このようなことが起こるのは、多くの動物にとって、生まれて初めて見た”動くもの”が「親」と認識されるためです。

以下のような実験があります。
生まれたばかりのサルの赤ちゃんに、母ザルの代わりに電気仕掛けのぬいぐるみのサルを見せました。
すると、赤ちゃんはそのぬいぐるみを母親だと思い込み、そのあとに本物の母親と対面させても、何の関心も示さなかったといいます。

これはヒナ鳥も同じです。
人間であろうが、玩具(おもちゃ)であろうが、ぬいぐるみであろうが、最初に見た”動くもの”が彼らにとっては親なのです。
これは、実に不思議な現象です。

じゃれる 子猫

こうした現象は、「すりこみ」あるいは「すりこみ現象」と呼ばれます。
多くの動物は、最初に見た動くものを母親と思い込むよう、本能に”すりこまれて”いるのです。

人間の社会においても、

「生みの親より育ての親」

また、

「氏(うじ)より育ち」

などといわれますが、動物の場合には、これがもっと極端というわけなのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する