Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「元の木阿弥」の語源は?

元の木阿弥 逆戻り 惨めな状態

結局、元の惨(みじ)めな状態に戻ってしまうことを、「元の木阿弥(もとのもくあみ)」といいますが、この言葉には、どのような由来があるのでしょうか?

戦国時代のこと。
大和の国を支配していた武将・筒井順昭(つつい じゅんしょう)が、不治(ふち)の病に倒れました。

このとき、彼の息子である跡継ぎの順慶(じゅんけい)は、まだ2歳。
もしも今、順昭が死んだことが知れ渡ったら、たちまちは攻め落とされて、国は滅びてしまいます。

そこで、順昭は、自分が死んでもそのことは秘密にして、誰か自分に似た者を影武者(かげむしゃ)に立てるよう、遺言(ゆいごん)して死にます。

ヒゲのある猫 ヒゲ武者
「オレ、ヒゲ・・武者」

さて、順昭の遺言に従って、影武者に仕立てられたのが、木阿弥という盲人です。
木阿弥は、声や姿が順昭にそっくりだったのです。

木阿弥は、順昭に成りかわって薄暗い病床に臥(ふ)せって命令を下し、首尾(しゅび)よく順昭の影武者を務め、周りの人をだまし続けます。
しかし、順慶が成人した3年後に、順昭の死が公表されて、木阿弥はお払い箱となり、一介の市井(しせい)の人に戻されたのです。

このことから、一時栄えた人が、落ちぶれて元の惨めな状態に戻ることを、「元の木阿弥」というようになりました。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する