Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

ビールは、いつの時代から飲まれている?

ビールで 乾杯

世界中で、多くの人たちに親しまれているビール
しかしながら、このビ-ルが意外なほど古い時代から飲まれていることは、あまり知られていません。

紀元前3000年頃には、既に、メソポタミアに世界最古の都市国家をつくったシュメール人が、麦の種類によって4種類のビールをつくり分けていたようです。

となると、ビールは、なんと、5000年以上の長きにわたって、人々に愛されてきたことになります。

ビールは、麦芽(ばくが)に含まれている酵素(こうそ)の働きによって、麦のでん粉が糖に変わり、それが発酵してできるのですが、もともとは、洪水や大雨に備えて貯蔵してあった麦が芽を出し、偶然にビールのつくり方が発見されたのではないかともいわれています。

やがてビールは、メソポタミアからエジプトに伝わります。
エジプトではワインがよく飲まれていたと考えられていますが、実は酒の主流はビールでした。
紀元前3000年のエジプトでも、ビールは人々の間で広く飲用されていました。
クレオパトラが、ローマから来た将軍たちにビールをふるまったという記録も残っています。

また、紀元前1700年代半ばに制定された初めての成文法『ハムラビ法典』には、ビールにかかわる法律が制定されています。
この頃には、各所に醸造所が建設されて、今日の「ビアホール」にあたる店もできていたようで、その取り締まり規則、罰則などが公布されました。

例えば、ビールを水で薄めた者は、水の中に投げ込まれるという罰を設けたり、ビアホールで謀叛(むほん)の密議などをしているのを知った店の主人はすぐに届け出ないと同罪に処す、といったようなものです。

ビールを 飲む 猫
写真は、こちらからお借りしました。

一方、ギリシャ、ローマ人は、ビールよりもワインの方が好みでした。
イエス・キリストも、ワインを常用するユダヤ人だったため、最後の晩餐(ばんさん)でワインを指し、

「これは私の血である」

といいました。

そのため、ヨーロパにおいては、キリスト教が広まるにつれ、酒といえばワインとなっていったのです。

もしも、イエス・キリストがエジプト人だったとしたら、ワインではなくてビールのほうが、ヨーロッパの酒の主流になっていたかも知れません。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する