Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

男性は、女性よりも3倍早くボケるって本当?

ボケる

ペンシルベニア大学のルーベン・カー教授の調査によれば、個人差はありますが、男性は女性の3倍の速度でボケるといいます。

ボケの原因は複雑で、簡単には特定できませんが、つまるところは大脳の細胞数の減少にあるといわれています。

人間は、生まれたときには約140億個の脳細胞があります。
その後、その数はほとんど増えることはないといわれています。
むしろ、アポトーシスといって、細胞自体が自爆(じばく)していくことで、減少していく傾向にあります。
が、その反面、脳細胞というのは刺激されることによって新しい神経突起(シナプス)をどんどん伸ばしていくことができるため、素晴らしい頭脳活動が可能なのです。

しかしながら、40歳を過ぎた頃から、脳細胞の減少速度はぐんと速まり、その結果、忘れっぽくなったり、思考力が衰えたりという症状が出てきます。

これが、いわゆる老化現象です。
老化現象は、脳を使わなくなることがその萎縮(いしゅく)の原因となるわけですが、この脳細胞の萎縮には男女差があります。
そして、男性よりも女性の方が比較的ゆっくり進むので、ボケが少ないのです。

それでは、何故このような差が出るのでしょうか?

この差の主な原因は、性ホルモンの作用にあると考えられています。
男女ホルモンは、脳の機能とも密接(みっせつ)に関わっています。
そして、その分泌量(ぶんぴつりょう)の違いが、脳の萎縮する速度に差をもたらすのであろうというのです。

くわえて、男性の場合、定年を境に、生活パターンが大きく変わります。
現役のときはバリバリ仕事をこなしていた人が、定年後はパッタリと身体を動かさなくなるというケースが少なくありません。
特に趣味がない人の場合、その傾向は顕著(けんちょ)です。

退屈な ネコ
「あーあ。退職したら、毎日が退屈だニャン」

このような生活パターンの激変(げきへん)も、男性の脳の萎縮速度を加速する原因のひとつであるといわれています。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する