Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

トイレを「かわや」と呼ぶのは何故?

かわや

トイレのことを「かわや」と呼びますが、これは何故なのでしょうか?

昭和の初めまで、トイレのことを「かわや」といっていました。
かわやの語源は、ずばり、「川家」です。

昔は、川の上にトイレがつくられていて、そのまま汚物を川に流していました。
そこから、このように呼ばれるようになったのです。

日本の人口は、縄文時代(じょうもんじだい)の終わりで約7万6000人、弥生時代(やよいじだい)は約60万人、古墳時代(こふんじだい)は約540万人だったと推定されています。
このくらいの人数では、川の汚染問題も出なかったのでしょう。

その後、川に流していたし尿を溜(た)め込むようになるのですが、これは衛生上の理由からではなく、なんと、リサイクルのためで、5、6世紀に中国からし尿を堆肥(たいひ)に変える方法が伝わってきたからだといいます。

当時、朝鮮半島に政治不安があり、半島の技術者が大勢日本に渡ってきていました。
そのため、急激に日本の人口が増えました。
下肥(しもごえ、=し尿からつくった肥料)の技術者も、これらの人々の中にいたのでしょう。

それ以後、家畜や人間の排泄物が、肥料として田畑に還元(かんげん)されるシステムは、昭和30年代まで続いたのです。
語源・由来
関連記事
おすすめ記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する