Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

虫歯の「虫」の正体は?

虫歯

虫歯になる」といいますが、本当に「虫」が歯を食べているのでしょうか?
また、歯はどのようにして虫歯になっていくのでしょうか?

澱粉(でんぷん)や糖を含む食べ物のかすがにつき、歯垢(しこう)になると、そこに細菌が棲(す)みつきます。
この細菌は、活動すると乳酸(にゅうさん)を出します。
この乳酸は、歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。

溶けてできた穴は、細菌のかっこうの棲家(すみか)となり、この穴に入り込んだ細菌は、今度はエナメル質の下の象牙質(ぞうげしつ)をも溶かしていきます。

このようにして、細菌は歯をどんどん溶かしていきます。
これが歯が虫歯になっていくメカニズムです。

虫歯を放っておくと、ついには歯ぐきしか残らなくなってしまいます。
「虫」歯というのは、「無視」できない存在なのです。【><】

ということで、細菌が直接歯を食べているわけではありませんが、虫歯の「虫」の正体は細菌でした。

なお、この細菌が歯と歯茎の間に入っていって炎症(えんしょう)を起こしたものが、歯肉炎(しにくえん)や歯槽膿漏(しそうのうろう)などです。

歯がこのような状態にならないようにするためには、食後の歯磨きが重要であることはいうまでもありません。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する