Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

電気を盗んでも罪にならない?

電気 動物 スイッチ

電気が普及し始めた明治34年のこと。
当時、いくつも創設された電灯会社のひとつが、ある契約者を窃盗罪(せっとうざい)で訴えました。
この契約者は、1灯分の契約しかその電灯会社と結んでいないのに、何灯もの電灯を無断で使用していたのです。

裁判所は、このような事件は初めてだと、頭を悩ませました。
そして半年間にわたって審議(しんぎ)したあと、有罪の判決を下しました。

が、被告はすぐさま控訴(こうそ)。
その言い分は、

「電気は電灯を明るくするけれど、それ自体は形も重さもなく、見ることもできない。したがって実体ではない。実体でないものを盗むことはできず、刑法(当時の)の規定による窃盗罪は成立しない」

というものでした。

裁判所は、東京大学の電気の専門家に、電気についての鑑定を依頼するなど、手を尽くして調べた結果、

「電気は窃盗の対象とならないため無罪」

と、一審判決をくつがえしてしまいました。

この判決を聞いて、おさまらないのは、電気を売ることで経営を成り立たせようとしていた電灯会社。
死活問題とばかりに、今の最高裁にあたる大審院(だいしんいん)に上告しました。
すると、ここでは、

「電流は有体物(ゆうたいぶつ)ではないが、五感などによって存在を認識することができ、管理することができる」

という理由で、被告を有罪としました。

ちなみに、当時の電灯料金は10燭光(しょっこう、=20ワットくらい)の終夜灯で、1ヶ月1円70銭だったそうです。
米1升が8銭くらいで買えた時代ですので、電灯はかなりのぜいたく品だったことが分かります。
珍事件簿
関連記事
おすすめ記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する