Super源さんの雑学事典

リレーの最終走者を「アンカー」と呼ぶのは何故?

リレー

陸上競技のリレーで、最後に走る選手のことを「アンカー」と呼びます。
これは、何故なのでしょうか?

リレーの最終走者を「アンカー」と呼ぶのは何故?


実は、「アンカー」というのは、かつてオリンピックの正式種目だったこともある「綱引き」で使われていた用語です。
綱引きでは、綱を相手にもっていかれないように踏ん張る役割の選手のことを、船の錨(いかり)に見立ててアンカーと呼びました。

このアンカー役の人には、そのチームの中で最も体重が重い選手が選ばれ、唯一、ロープを肩にかけることが許されていました。

そして、この綱引きの「アンカー」が、後にほかの競技にも使われるようになり、リレーの最終走者のことをもアンカーと呼ぶようになったのです。
語源・由来
   このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事
最終更新日

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する