Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「やじろべえ」の語源は?-東海道中膝栗毛の登場人物「弥次郎兵衛」

やじろべえ_01

「やじろべえ」という日本の伝統的な玩具(おもちゃ)があります。
人の形をしていて、胴の先が細くなっており、左右に伸びた手の先についている重りでバランスをとるものですが、この「やじろべえ」という言葉は、一体どこから来ているのでしょうか?

「やじろべえ」の語源は、東海道中膝栗毛の登場人物に由来


「やじろべえ」の語源は、江戸時代に十返舎一九(じっぺんしゃいっく)が書いた旅物語・東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)に登場する、弥次さんこと弥次郎兵衛(やじろべえ)に由来しています。
東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)は、売れない絵師の弥次郎兵衛(やじろべえ)が、元役者の喜多八とともに失敗やこっけいを演じながら、東海道・京・大坂を旅する物語です。

やじろべえは、当時の旅姿で、道中荷物を振り分けにして肩に担いだものを、天秤棒(てんびんぼう)の両端にぶら下げた形にして、作られたおもちゃが元祖といわれています。

人の形をしていなくても、揺らして遊べれば「やじろべえ」と呼ばれる


やじろべえは、棒や指の先に乗せて、バランスをとりながら遊ぶもので、しばしばドングリと竹ヒゴなどを使って作られます。
人形の形をしていなくても、揺らして遊ぶことができるものであれば、やじろべえと呼ばれます。

やじろべえ_02

近年では、金属など各種素材で作られたやじろべえもあり、これらはインテリア小物として販売されています。

また、錘(すい)などの工夫により、左右非対称の形をしたものなど、いろいろなデザインのものが作られています。

参考にしたサイト
やじろべえ(バランスのおもちゃ)の語源を教えてください。 ... - Yahoo!知恵袋<
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109957850
語源・由来
関連記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する