Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

盗品を自慢してお縄になったコレクター?

ウスバキチョウ
ウスバキチョウ
写真は、こちらからお借りしました。

コレクターにとっては、禁止事項などなんのその。
珍しいものが手に入るならば、平気で罪を犯してしまうものなのかも知れません。

鳥取県に住むA(42歳)は、蝶のコレクター。
コレクターとしては、そこらへんにいる蝶よりも、なかなか手に入らない珍しいものの方が欲しいに決まっています。

そこで、彼が手を出したのは、北海道の大雪山(たいせつざん、だいせつざん)に棲息(せいそく)するウスバキチョウ、アサヒヒョウモン、ネダイセツタカネヒカゲの3種。
これらはいずれも天然記念物に指定されているもので、Aはナイショで採ってくると、1人悦(えつ)に入っていました。

が、人間これだけの珍品(ちんぴん)を手に入れると、人に自慢したくなるもの。
Aは、東京のホテルで開かれた昆虫即売会に、これらの蝶を持参して、仲間たちに、

「どうだい!」

と見せびらかしたのでした。

単なる売買目的でなら罪に問われないものを、Aは大雪山での採取談を自慢げに話してしまったために、文化財保護法違反で逮捕されてしまいました。

--珍品はなかなか手に入らない、入れば自慢して逮捕される--

この矛盾(むじゅん)は、コレクターの性(さが)なのかも知れません。

しかし彼は、自慢の蝶の入手法について、大雪山で採ったものだけに、もっと大雪(大切)に扱うべきでした 。【><】
珍事件簿
関連記事
おすすめ記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する