Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「所得申告」した律儀な泥棒?

泥棒

住所を定めず、地下に潜伏(せんぷく)し、世の中に組み込まれること極端に嫌う――これが、一般的な”ドロボー像”と思われます。

しかしながら、平成2年9月に、東京・田無(たなし)署に逮捕されたA(33歳)の場合は、およそ泥棒らしくありませんでした。

大手警備保障会社の社員を装(よそお)って、盗んだお金を堅実(けんじつ)に貯金。
ここまでは、まだ理解できるとして、さらに、しっかりと住民登録。
そして、なんと、”所得”約200万円を確定申告していたのです!

Aが、このような普通人の生活を目指すようになったきっかけは、以前関西にいたときに、窃盗罪(せっとうざい)で捕まったことでした。
彼はこのとき、

「絶対に捕まらないドロボーになってやる!」

と、固く決意したのでした。

そして、彼の思惑(おもわく)は功を奏します。
入居していたアパートの管理人に、

「彼は模範的な人」

といわしめ、真下の部屋に別のドロボーが入ったときも、疑われずじまいでした。

Aは、夕方になると、家路を急ぐ会社員に紛(まぎ)れて、自分も背広姿で”仕事”に出かけます。
このようにして、約300件、5000万円の盗みを働き、貯金もいつしか2000万円に達していました。

ところが、そんなAを、神様はちゃんと見ていました。
ほかのドロボーが、盗品を質入れする際、ニセの住所としてAが住むアパートのすぐ近くを書いていたため、前科のあるAが容疑者として目をつけられてしまいます。
そしてついに、”仕事中”に御用となってしまったのです。

いよいよ、ドロボーも確定申告をする時代が来たか、という感じですね。
が、職業欄には、一体何と書くのでしょう?
珍事件簿
関連記事
おすすめ記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する