Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

日本で最初に発行された記念切手は?-1894(明治27)年に発売された「明治銀婚記念切手」

日本で最初に発行された記念切手は何でしょうか?

日本で最初に発行された記念切手は?


1894(明治27)年3月9日、明治天皇と昭憲皇太后の御大婚25年を祝して、「明治銀婚記念切手」というのが発行されました。
これが、日本で最初に発行された記念切手です。

kinen3.jpg  x-182.jpg
写真は、こちらからお借りしました。

この切手は、菊の紋章に雌雄の鶴2羽が描かれたデザインで、紅色で内地用の2銭と青色で外地用の5銭の2種類がありました。

当時の日本には、記念切手という概念はありませんでしたが、明治天皇の記念切手発行を望む在留(ざいりゅう)外国人の投書により、発行されることになりました。
ただ、発行するということが祝典のわずか1か月前頃に決まったため、印刷局の方々は、不眠不休で発行作業に当たったということです。
その結果、本来1~2か月かかる原版を、わずか5日間で仕上げることができました。

結果的に、2銭切手は1480万枚 5銭切手は100万枚と、当時としては相当枚数が発行されましたが、この切手の発行の背景には、このような苦労があったのです。

なおこの後も、日本では皇室の記念行事にちなんだ記念切手が、数多く発行されています。
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する