Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

「上野の西郷隆盛像」の除幕式で、西郷の妻が口にした驚きの一言とは?

上野の 西郷隆盛像

写真が嫌いだったという西郷隆盛(さいごう たかもり)は、実は坂本竜馬(さかもと りょうま)や勝海舟(かつ かいしゅう)のように、本人と断定できる写真を残していません。

ふくよかな輪郭(りんかく)に太い眉(まゆ)、鋭い眼光をたたええながらも優しげな眼差しをもつ、誰しもが知る西郷隆盛の肖像画(しょうぞうが)は、本人をモデルにしたものではありません。
イタリア人銅版版画家エドアルド・キヨソネが、西郷の弟の従道(つぐみち)と従兄弟(いとこ)の大山巌(おおやま いわお)の顔を参考にして作り上げたものです。

さらにいえば、キヨソネは日本人に会ったこともなく、その画はまったくの想像の産物でした。

さて、1898年(明治31年)に完成した東京・上野公園にある西郷隆盛像は、高村光雲(たかむら こううん)が制作したものですが、実はこの像も、高村がキヨソネの絵を見ながらつくったものです。

この除幕式には、西郷隆盛の妻糸子も参列しましたが、この像をみた彼女は、思わず、

「宿んしはこげんなお人じゃなかったこてえ(うちの主人はこんなお人じゃなかったですよ)」

と漏(も)らし、周囲の人々を驚かせたといいます。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する