Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ゴルフボールは、ツルツルだと飛距離が伸びないって本当?

ゴルフボール ディンプル

ゴルフボールの表面にあるたくさんのくぼみ。
これは、「ディンプル(dimple)」と呼ばれています。
それではこのくぼみは、ゴルフボールに最初からついていたものなのでしょうか?

ディンプルの始まり


ゴルフボールには、もともこのようなくぼみはありませんでした。
が、あるとき、新しいボールよりも、長く使って表面に傷がついているボールの方が、遠くへ飛ぶことに気づいたゴルファーがいました。

それ以来、最初からボールの表面に傷をつけるようになりました。
最初はただ筋を入れるだけだったのですが、縦横に筋をいれてメッシュ模様となり、さらには凹凸(おうとつ)をつけるようになっていきました。

これが、ディンプルの始まりです。

ディンプルのすさまじい効果


トップクラスのプロゴルファーは、ゴルフボールを、ドライバーを用いて300ヤード(約274.3メートル ※)くらいの距離を優に飛ばすことができます。

しかしながら、もしもこのとき、ディンプルのないボールを使ったならば、飛距離はその半分くらいに落ちてしまうといいます。

ナイスショット

ゴルファーの経験則から生まれたディンプル。
このディンプルには、すさまじい効果があるといってよいでしょう。

※ヤードからメートルへの換算は、「メートル/インチ/フィート/ヤード/マイルの変換」で行ないました。

参考にしたサイト
ゴルフボール ディンプルの秘密 | 驚!ゴルフボール 比較大辞典
http://golfball-site.com/dimple/
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する