Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

演奏に、18時間以上かかる曲があるって本当?

エリック・サティー
エリック・サティー
写真は、こちらからお借りしました。

「ジムノペティー(Gymnopedies)」を初めとする、流麗(りゅうれい)で心地よい音楽を生んだフランスの作曲家・エリック・サティー(Erik Alfred Leslie Satie、1866年 - 1925年)。
一方でエリック・サティーには、「異邦人(いほうじん)」「変人」などと呼ばれる一面もあり、風変わりな曲を残したことでも有名です。

そして、その代表的な曲が「ヴェクサシオン(Vexations)」です。

この曲は、世界一長い曲としてギネスブックにも載っているもので、最後まで演奏すると、なんと、18時間以上かかります。
それほどの長い曲であるならば、楽譜の方は一体何百ページくらいあるのだろうと思いきや、こちらは、なんと、たったの1ページ。

ヴェクサシオン」は、拍子記号も小節線もない譜面に並んだ52小節分の音を、840回リピートするように指示されています。
あわせて、テンポの指示も「非常に遅く」となっています。

そのため、1回弾くのに1分半ほどかかってしまいます。
しかもこれを、840回繰り返すのです!

「ヴェクサシオン」の楽譜
ヴェクサシオン エリック・サティー 楽譜
写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、この曲のタイトルである「ヴェクサシオン」とは、「嫌がらせ」「癪(しゃく)の種」という意味です。
確かに、演奏する側から見れば、これほどの長い曲は、文字通り、嫌がらせ以外の何ものでもないかも知れません。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する