Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「一夜漬けは効果がない」といわれるのは何故?

一夜漬け_1

「ゲッ! 明日は試験だ。よーし、これから勉強するぞ!」

と、試験直前になってから、慌(あわ)てて勉強し、

「一夜漬(いちやづ)けは身につかないよ」

といわれたことはないでしょうか?

実はこれ、科学的にも裏づけられている真実なのです。

学習直後に睡眠をとった場合、最初の2時間で覚えたことの半分くらいは忘れてしまいますが、それ以上忘れることはないといいます。

一方、学習した後、ずっと起きていた場合、最初の2時間で覚えたことの3割ほどを忘れてしまい、8時間経過した頃には、9割ほどを忘れてしまいます。
つまり、翌日、すなわち試験当日には、学習したことの約1割しか覚えていないのです。

これは、日常生活の中で蓄(たくわ)えられた記憶というものは、睡眠という作業を通して定着(ていちゃく)する仕組みになっているためで、「一夜漬け」では、記憶を定着する時間がないので、すぐに忘れてしまうのです。

一夜漬け_2
「うわーっ! きのう覚えたはずなのに、思い出せないよ!」

勉強したことを、しっかりと脳に記憶させるためには、一夜漬けをせず、覚えた直後にしっかりと睡眠をとった方が良いのです。

なお、試験で良い点をとるためには、テキストを読んでノートをとるといった「インプット型」の学習方法よりも、覚えたことを文字通り外に出していく「アウトプット型」の学習方法の方が効率的です。
ご興味をもたれた方は、以下の記事も併せてお読みになってみてください。

テストの成績を上げる4つの勉強法とは?-これは試したい!
https://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1344.html

お役立ち 情報
関連記事
おすすめ記事

* Category : お役立ち情報

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する