Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

鼻をつまんで食べると、味が分からなくなるのは何故?

味 味覚

私たちが何か物を食べているとき、味覚を感じているのは、舌にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる味の受容体です。
しかしながら、人間はこの器官だけでなく、さまざまな感覚を使って味を判断しています。

実は、で感じられる味覚の解析度(かいせきど)は、それほど高くありません。
むしろ、舌よりも鼻(嗅覚)の方が、主に味覚を支配しており、その割合は2対8といわれます。

食べ物を口に入れると、その匂いは、鼻とのどがつながった構造になっているために、鼻の後ろ側にある「後鼻孔(こうびこう)」から伝わってきます。
ところが、鼻をつまむと、鼻孔内の空気が入れ替わらないために、食べ物の匂いが感じられず、どんな味なのか判断できなくなってしまうのです。

鼻は、味覚の判断に、実は重要な役割を果たしていたのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する