Super源さんの雑学事典

カップ麺の待ち時間が「3分」なのは何故? - 麺が伸びず、ワクワク待てる時間

カップ麺

日本人の国民食ともいわれるカップ麺。
カップ麺は、お湯さえあれば、いつでもどこでも食べられる手軽さから、今や世界中に普及しています。
このカップ麺には、いくつも秘密が詰まっていることをご存知でしょうか?

カップ麺に詰め込まれた秘密


まず、が揚げられているのは、揚げることによって水分が飛び、保存がきくようになるからです。
そして、麺の「アルファ化」が促進(そくしん)され、お湯をかけて3分で食べられるようになるためです。
アルファ化というのは、デンプンを人間が消化できるように転化(てんか)させることをいいます。

次に、多くのカップ麺が採用している「待ち時間3分」。
これにも秘密があります。

技術的には、1分で食べられる麺を作ることも可能です。
が、これでは当然、麺が伸びるのも早くなってしまい、食べている間にどんどん伸びてしまいます。
かといって、あまりに長く待たされるのもイライラします。

そこで導きだされたのが、3分という絶妙な待ち時間。
心理的に、人が心地よく待てて、ワクワクして、期待が高まってくる時間。
この、ちょうどいい「頃合い」が3分なのです。

3分

カップ麺は今や日本発祥の世界的な食べ物


ちなみに、世界初のカップラーメンは、1971年に日本で発売された日清食品(にっしんしょくひん)の「カップヌードル」です。
袋入りも含めて、即席麺は、今では世界中で年に954億食も食べられています。

1番多いのが中国で、年に423億食、1人当たりに換算すると約31食となります。
日本では、1人当たり41食ほど。
また、味付けも、タイではトムヤムクン味、韓国ではキムチ味等と、国によって人気の味も違います。

カップ麺は今や、文字通り、日本発祥(はっしょう)の世界的な食べ物なのです。


なお、カップ麺の元祖である「カップヌードル」が開発されたきっかけについては、以下の記事をお読みください。

カップヌードルの容器がもつ3つの優れた機能とは?

カップめんを1度も食べたことはない人などいないと思わせるほど、カップめんは今や日常的な食べ物となっています。そして、カップめんの元祖であり代表作でもあるのが、日清食品の「カップヌードル」。この「カップヌードル」の容器の形は、1971年に初めて発売されて以来、今も変わっていません。実は、この容器の形には、開発当時の「カップヌードル」の試行錯誤が秘められていました。この商品の成否(せいひ)の鍵をにぎっていた...

雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する