Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

床発電するサッカースタジアムがある?

床発電

人が歩いたり、車が移動したりする際に生じる振動や揺れを利用して発電する「床発電」。
東京駅丸の内北口にある自動改札機の電源として利用したり、渋谷駅前のハチ公広場に設置してクリスマスイルミネーションを点灯したりと、さまざまな場所で実験が進められているという話を聞いたことがある方も多いことでしょう。

この床発電は、圧力をかけると電気を発生する「圧電素子(あつでんそし)」を床に敷きつめて、歩行した際や車が通過した際などに生じる圧力のエネルギーを、電気エネルギーに変えるという仕組みです。

インターネットサービス企業の楽天と、サッカーチームのヴィッセル神戸は、2010年7月25日に、本拠地スタジアム神戸にて開催されたJ1リーグ第14節ヴィッセル神戸対大宮アルディージャ戦から、本格的に床発電システムを導入しました。

床発電の本格的な導入は世界で初めてで、約4時間で発電できた電気は単三電池3本に充電されました。
これは、観客誘導灯を約100時間点灯できる電力だといいます。

なお、この発電方式は、床型の装置を設置するだけでどこでも発電可能なため、通常の発電機としての使用のほか、災害時の緊急補助電源として活用するなど、さまざまな応用が期待されています。

参考にしたサイト
発電床
https://ja.wikipedia.org/wiki/発電床
サポーターのジャンプで発電 スタジアムに床発電システム導入
http://www.japanfs.org/ja/news/archives/news_id030388.html
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する