Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

電子レンジのドアに貼られた網の役割は何?

電子レンジ

電子レンジは、1947年にはじめて製品化されましたが、それ以後、瞬く間に世界中に広がり、忙しい私たちの食生活を助けてくれる便利グッズとなりました。

電子レンジは、現在でも毎年のように新製品が発売され、デザインも洗練されてきていますが、ただ一点、昔と変わっていない不便なところがあります。
それは、ドアの窓に網(あみ)が貼ってあり、中が見づらいという点です。

この網は、一体何のために貼られているのでしょうか?

実はこの網は、電子レンジで使用しているマイクロ波が、外に漏れるのを防ぐために貼られています。
ドアを透明にすると、マイクロ波が外に漏れ出し、人体に悪影響を及ぼす危険性があります。
そのため、マイクロ波の波長よりも小さな穴をあけた鉄の板を、ドアの窓に貼っているのです。

かつては、ドアの内側には穴のあいていない鉄板が貼られており、中の様子はまったく見えなかったといいます。
少し見えるだけでも、ありがたいと思うべきなのでしょう。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する