Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

日本茶の湯のみに、取っ手がないのは何故?

湯のみ

コーヒーカップ、ティーカップ、マグカップなど、温かい飲み物を入れる食器には、通常取っ手がついています。
が、日本茶を飲む湯のみにはついていません。

これは何故なのでしょうか?

これは、日本茶を飲む際に、湯のみをそのまま手で持つことで、お茶の温度を確認するためだといわれています。

多くの日本茶は、60℃前後が飲み頃とされています。
お茶を湯のみにつぐと、湯のみには厚みがあるので、湯のみの外側は、当然内側よりも少し低い温度となります。

そしてもしも、つがれたお茶が適切な温度であれば、持ち手には、人肌(ひとはだ)程度の温度として感じられます。

そのため、轆轤(ろくろ)を使って陶器(とうき)や磁器(じき)などの焼き物を作る陶芸(とうげい)の世界では、お茶の飲み頃が分かるように作るのが、匠(たくみ)の技とされているということです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する