Super源さんの雑学事典

なんと、ハチミツ1ビンを作るには、400匹のミツバチが必要だった!

ミツバチ

近年、美容や健康への期待が高まっているハチミツ。
しかしながら、このハチミツ1ビンを作るには、なんと、400匹のミツバチが必要でした!

ハチミツ1ビンを作るには、400匹のミツバチが必要だった


ミツバチは、花から花へと飛び回って、花の蜜(みつ)を集め、1滴ごとに体の中の蜜袋(みつぶくろ)に貯蔵します。
蜜袋からは、酵素(こうそ)を含む分泌液(ぶんぴつえき)が出るので、蜜の味が少し変わります。

こうして、ミツバチは集めた蜜をに持ち帰り、貯蔵します。
そして、貯蔵している間に、約4倍に濃縮(のうしゅく)されて、2キログラムの花の蜜が500グラムのハチミツになります。

が、しかしです。
ミツバチは、冬は6ヶ月くらい生きられますが、夏場は4~6週間しか生きられません。
しかも、夏の間に集めることができる花の蜜は、せいぜい小さじ1杯、5グラムほどなのです。

そうすると、1ビン500グラムのハチミツを作るためには、400匹のミツバチが必要という計算になります。

ハチミツ

このように考えると、私たちが何気なく口にしているハチミツは、たいへん貴重な食べ物であることが分かります。
雑学 豆知識
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する