Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

植物工場で生産された遺伝子組み換えイチゴで、犬の歯周病が治る?

イチゴ工場

工場の中で、温度、湿度などを管理することで、田畑で通常に栽培するよりも早く、そして多くの作物を収穫することができる植物工場。

植物工場では、一般的にはトマトやレタスなどの野菜が作られていますが、産業技術総合研究所(産総研)の北海道センターにある工場では、世界初のイヌインターフェロンイチゴが作られています。

インターフェロンとは、体内にがんができたり、ウイルスが侵入すると分泌(ぶんぴつ)されるタンパク質です。
抗がん剤に使われるほど、腫瘍(しゅよう)細胞やウイルスの増殖(ぞうしょく)を抑える力が強い物質です。

そして、イヌインターフェロンとは、イヌが体内で作るインターフェロンのこと。
この工場では、これを作り出す遺伝子を、イチゴに組み込んだのです。

2歳以上のの8割以上が歯周病(ししゅうびょう)にかかっているといわれますが、このイチゴの乾燥粉末を歯茎に塗布したところ、小型のビーグル犬では1週間で、大型のゴールデンレトリバーでは1ヶ月で、出血が止まり腫(は)れが引くなどの、歯周病の改善効果が認められたといいます。

なお、広さ30平方メートルの栽培室をもつこの工場では、1年間に300kgのイチゴを生産し、100万匹以上のイヌに与えるインターフェロンを製造することができます。

参考にしたサイト
動物薬用・歯周病を対象にしたインターフェロン入りイチゴを植物工場内で生産 | 植物工場・農業ビジネスオンライン
http://innoplex.org/archives/6455
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する