Super源さんの雑学事典

ソムリエが首からさげている”灰皿”の正体は? - ワインの状態を確認するための道具

ソムリエ

最近では、野菜ソムリエや温泉ソムリエ、だしソムリエなど、さまざまな”ソムリエ”が作り出されていますが、ソムリエとは本来、レストランでお客の要望に応えてワインを選ぶ、ワイン専用の給仕のことです。
さて、このワインソムリエは、首から銀色の灰皿のようなものをぶら下げていますが、この正体をご存知ですか?

ソムリエが首からさげている”灰皿”は、ワインの状態を確認するための道具


この灰皿のようなものは「タストヴァン」と呼ばれる道具で、かつては酒蔵(さかぐら)の中でワインの状態を確認するときに使われていました。

タストヴァンの内側には凹凸(おうとつ)があり、この中にワインを注ぐと、光の反射によって、ワインの色調が鑑定しやすくなります。
そのため、特に薄暗い酒蔵の中で効果を発揮していたのです。

タストヴァンの使い方
写真はこちらからお借りしました。

しかしながら、現在では薄暗い環境でワインを見る機会がなくなったため、実際に使用されることはなく、ソムリエのシンボルとなっています。

参考にしたサイト
タストヴァンの使い方 - タストヴァンの使い方を教えてください。できれば動画や... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1455329439
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する