Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

えっ? 変速エスカレーターは、内部が変形して速度を変える?

エスカレーターと 女の子

「エスカレーター」は、ラテン語のScala(階段)と英語のElevator(エレベーター)を組み合わせて作られた言葉です。
考案者であるアメリカの発明家チャールズ・シーバーガー (1857年 – 1931年)が1895年に命名しました。

エスカレーターは、その名の通り階段状の昇降(しょうこう)装置で、その利点は搬送(はんそう)能力が高いことです。
エレベーターに比べて、格段の効率のよさを誇っています。

エスカレーターは、ステップをループ状のチェーンに連結し、モーターで駆動(くどう)します。
ステップの速度はさまざまですが、多くのエスカレーターの速度は分速30mという一定の速度で動くため、せっかちな人はステップを駆け上ったり、駆け下りたりしてしまいます。
もちろん、速度を上げることも可能ですが、そうすると、特にお年寄りや身障者にとって、乗り降りが危険になってしまいます。

エスカレーター1

さて、このふたつの問題を解決したのが、三菱電機が実用化した「変速エスカレーター」です、
普通のエスカレーターは、ふたつのステップをチェーンで直線的に連結していますが、変速エスカレーターは連結部が曲がる仕組みになっています。
つまり、”傾斜時は「イ」のような形をしていた連結チェーンが、乗り口と降り口部分では「Y」のような形に変形します”。

エスカレーター2

このようにすることで、乗り口と降り口部分で、ちょうど紙がしわになるような原理でスピードが落ち、安全に乗り降りができるのです。

また、この仕組みによって、傾斜部の速度を、乗降時の1.5倍にすることが可能になったといいます。

参考にしたサイト
『エスカレーター』の仕組み(図付) - 辞書辞典無料検索JLogos
http://www.jlogos.com/g006/8567002.html
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する