Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

歩数計をカバンの中に入れても、正確にカウントできるのは何故?

歩数計 万歩計

メタボ対策などで、人気が再燃(さいねん)している「歩数計」。
万歩計と呼ばれることが多いですが、これは山佐時計計器(やまさ とけいけいき)の登録商標で、一般的な呼称としては歩数計が用いられています。

さて、この歩数計は、一歩歩くごとにカウンターがひとつずつ増えていきますが、これはどのような仕組みになっているのでしょうか?

古典的な「振り子式」の歩数計は、中に振り子が入っており、一歩歩いて振り子が揺れるたびに通電してカウントが増えるようになっています。
安価な歩数計はほとんどがこのタイプですが、この方式の場合、振り子を地面に対して垂直になるように装着しなければなりません。
でないと、正確にカウントされません。
また、たとえば起立や着席の動作等、歩行以外の動作も歩数としてカウントしてしまうといった欠点もあります。

そこで登場したのが、「加速度センサー式」の歩数計です。
これは、歩くリズムを加速度センサーがついたマイクロコンピューターが解析する仕組みになっています。
このタイプの歩数計は、歩行と他の動作を区別することができるため、たとえカバンの中に入れていても、歩数を正確にカウントすることが可能です。

加速度センサーには通常、圧電素子(あつでんそし)が利用されており、これは力を電圧に変換して、その電圧の変化で、歩行かどうかを判断しているのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する