Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

震度とマグニチュードの違いは?

地震で突き出た道路

地震列島といわれるほど、日本では地震が頻発(ひんぱつ)しています。
テレビやラジオなどの報道で、「震度」と「マグニチュード」という言葉が良く使われますが、これらはどう違うのでしょうか?

まず、これらは同じものではありません。
震度は、地震による揺れの強弱を示すものです。
一方のマグニチュードとは、地震そのものの大きさを示すものです。

たとえば、1995年の阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)は、マグニチュード7.3、震度は中心部で7、その周囲に行くに従って、6、5と弱くなっていきます。
マグニチュードは、地震計の針の揺れ幅を元に、震源の深さや震源距離などを含めて計算によって求められます。
震度の場合は、ある地点における地震の揺れの大きさを表した指標(しひょう)で、「震度階級表(しんどかいきゅうひょう)」に基づいて決められ、発表されます。

「震度階級表」は、マグニチュードのように国際的に統一された標準的な規格がなく、いくつかの指標があって、それぞれの国や地域が採用したものが使われています。
現在の日本では、1996年に計測震度計によるものに改訂されたものが使用されており、0から7の10段階(5と6にはそれぞれ強弱の2段階がある)で発表されます。

それ以前は、気象庁の観測官が体で感じた揺れを、「震度階級表」に基づいて決め、発表していました。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する