Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

指紋があるのは人間だけ?-実は、サルにもあった!

指紋

誰一人として、同じものがないといわれる指紋。
この指紋は、手の指先だけではなく、手のひらや、足の裏にもあります。
正確には、てのひらにあるものは掌紋(しょうもん)、足の裏にあるものは足紋(そくもん)といいますが、実は、これら皮膚にある紋は、人間だけのものではなく、サルにもあることをご存知ですか?

これらの紋は、サル-正確には霊長類(れいちょうるい)-だけに見られる特徴で、サルの中には、尻尾(しっぽ)の先にあるものや、指の内側だけではなく外側にもあるものもいます。

この紋は、皮膚から細かい線が隆起(りゅうき)した状態なので「皮膚隆線(ひふりゅうせん)」といいますが、何故、”サル族”だけにこの皮膚隆線があるのでしょうか?

隆線は、物と手との間に摩擦をつくりだします。
が、それだけでは、つかんだ物が滑らないようにするには不十分です。
そのため、この隆線には、汗の出口である汗腺(かんせん)と、神経の末端が集められているのです。
つまり、”汗で湿り気を与えて摩擦を強め、つかんだ物の感触を神経で感じ取れるようにできている”のです。

でも、それにしても何故ここまで、物をつかむことに対して念を入れているのでしょうか?

それは、森に住み、木の上で生活し、木の実や葉や昆虫などを捕まえて生きていくためには、物を確実につかむことが、何よりも大切なことだからなのです。

木の上の ニホンザル
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する